news

2012-08-30

クラウドサービス「au Cloud」と写真ブラウザ「guPix™」の連携について

〜スマートフォン、タブレット、パソコンの写真の一覧表示が実現〜

KDDI株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:田中孝司、以下「KDDI」)と、リプレックス株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:直野典彦、以下「リプレックス」)は、2012年9月3日より、KDDIの「auスマートパス」で提供中のクラウド上のストレージ「au Cloud」と、リプレックスの写真ブラウザ「guPix™」の機能連携を開始します。また、KDDIは、「auスマートパス」内の「取り放題アプリ」サービスにおいて、「guPix」の配布を開始します。

このたびの機能連携により、写真がクラウド上もしくはAndorid™端末、Windows®パソコンに保存されていても、「guPix」アプリをインストールしたauのAndroid™スマートフォン/タブレットおよびWindows®パソコン上に自動でサムネイル表示されるため、様々なデバイスから写真を自由に楽しむことができます。また、「guPix」からの簡単な操作で、オリジナルの写真を「au Cloud」に保存できます。

さらに、「au Cloud」は、「guPix」を通じて、無線LAN機能付メモリカード「FlashAir™」(株式会社東芝製)と連携します。これにより、スマートフォンで撮影した写真だけでなく、デジタルカメラで撮影した写真もスマートフォン経由で「au Cloud」に預けることが可能となります。「FlashAir™」は、SDHCカードスロットを持つデジタルカメラで利用できます注1)。現在、「ハイスピードエクシリムEX-ZR300」(カシオ計算機株式会社製)注2)が「FlashAir™」に対応しています。

KDDIは、今後も、様々な企業とのコラボレーションを通じて、スマートフォン初心者から上級者まで、お客さまが最新人気アプリをいち早くお楽しみいただけるように「auスマートパス」サービスを拡充していきます。

また、リプレックスは、「guPix」をさらに拡充し、auのAndroid™スマートフォンご利用のお客さまに写真を核とした新しいユーザー体験をご提供していきます。

機能の連携に関する詳細は、こちらをご覧ください。


注1)「FlashAir™」の対応機種につきましては、http://www.toshiba.co.jp/p-media/compati/flashair_list.htmをご確認ください。
注2)「EX-ZR15」「EX-ZR20」「EX-FC200S」「EX-ZR200」もファームウェアアップデートにより、「FlashAir™」に対応します。
※本資料に記載されている会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。